自社の情報発信には、ウェブサイトとSNSどっちがいいの?

SNSにも様々な種類があります。
そしてどのSNSが人気かというのは、国や地域や年齢層などによって異なってきます。
ターゲットとなる国や地域の外国人の方々はどのSNSを使って情報収集をする方が多いのかということや、自分達の店や企業の業種や営業状況などに合うSNSかどうかをふまえつつ、どのSNSを運用していくかを決定するようにしましょう。
注意したいのは、日本ほど自由にインターネットを閲覧できない国や地域もあるということです。
例えば中国の場合、外国のSNSやウェブサイトの中には中国国内からは閲覧不可となっているものも少なくありません。


どのSNSを使うか決定したら、SNSの運用の方向性を考えていきましょう。
インバウンドビジネスを行っている同業者のアカウントを参考にするのもよいかもしれません。
成功している企業には、SNSの運用方法が上手であるところも数多くなっているように思います。
SNS運用の方向性を決める上で考えたいのは、『アカウントを運用するのは誰か』、『発信する情報の種類』、『いつ発信するか』、『使用する言語』などでしょう。

特にアカウントを運用するにあたり運用担当者の決定は重要となってきます。
小さな個人経営店などであればオーナー自らが運用することとなることが多いでしょうが、大きめの企業などの場合は誰か運用の担当者を決めることとなる可能性が高いでしょう。
店や企業のSNSアカウントで情報を発信すると、その発信を個人の担当者が行っていても、店や企業自身の発言・発信と取られることとなります。
そのため、不適切な発言を行えば炎上し問題に発展する可能性も高くなります。
決まり切った機械的な定型文のみの発信を行う場合でもない限り、ターゲットの気持ちや考えをふまえて臨機応変に情報を発信できる方に運用担当を任せるのがよいでしょう。
また他のユーザーから問い合わせがあった場合、運用担当者自身が対応するのか、他の方へ任せるのかなども決めておいたほうがよいかもしれません。