東京オリンピックに向けて

インバウンド観光の振興のためのしくみについて、政府が取組んできた事業をを中心に見ていくことにしましょう。政府は、海外の観光や旅行マーケティングに対し、観光を目的とした土地として、日本の魅力をアピールすることや、実際に日本を旅行することに繋げられるような宣伝活動を行ったり、飛行機や船での入国をしやすくするといった対策や、良い品質のパック旅行などが企画、実施され、広く浸透させるための支援や、日本滞在中の移動や宿泊等の利便性、また、安全性の向上や、滞在中に多様なバリエーションの体験ができるようにするためのアイディア、また、病気をはじめ、事故や災害などへの対応支援、そして、これらの全ての活動を担うであろう、地域や企業に対する規則作成と支援を行っているとされているでしょう。詳細については「観光立国推進基本計画」や「観光白書」などを確認するとよいのではないでしょうか。また、海外事例としてイギリスの観光政策を取り上げてみましょう。日本では 、近く東京オリンピックを開催するとされています。オリンピックを開催する国は、一定期間世界から高い注目を集めると言えるのではないでしょうか。つまり、この機会を上手く戦略的に活用することが、インバウンド観光の振興に大きく影響を与えるという可能性があるのではないでしょうか。このことを強く意識して身を結んだのが、ロンドンオリンピックを経験したイギリスと言えるのではないでしょうか。イギリスの経験を学び、この国際的なイベン卜を契機としてインバウンド観光を大きく成長させるために、どのような取組みが必要なのかといったことを考えることは大きなポイントになると言えるのではないでしょうか。