マニアック化する中国人旅行客

今の話のOLは富裕層ではなく中間層ですが、私の目から見ると成熟層だと言えると思われます。中国の有名大学を卒業し、中堅規模の外資系企業に勤務し、これまでに何度も海外旅行に出かけているようです。日本にも大学時代の友人が住んでいて、彼らとのネットワークからさまざまな情報を得ています。日本文化への造詣が深いようです。このOL の月収は1万5000元(約25万5000円)です。これ以外にもボーナスがあり、家族と一緒に住んでもいるので、経済的にも余裕があるのです。私の取材経験から、このような中国人は日本人が想像しているよりもずっと多いと思われます。特徴的なのは、彼らが年々マニアック化、オタク化しているという点なのです。私の友人で、上海在住の男性(39歳)は、大学教授です。彼は仕事の関係で16年9月から17年9月まで京都に滞在していました。その間、京都を拠点にやや長めの旅行(3泊以上)だけで、なんと19回も出かけたようです。その旅の一部をご紹介します。まず来日してから1年間に旅行した先(住まいがある京都を除く)で、彼がとくに印象深かったところを列挙してみましょう。大阪、東京、神戸、六甲・美山(兵庫)、志摩・串本・伊勢・加太(和歌山・三重)、長浜・琵琶湖・近江八幡(滋賀)、茅ケ崎・大船・湘南(神奈川、清水・土肥・沼津・河津(静岡)、鳥取、倉敷(岡山)、一畑(島根)、高岡・雨晴海岸(富山)、白川郷(岐阜)、金沢・能登半島(石川)、宮島(広島)、下関(山口)、札幌・屈斜路・旭川・稚内・富良野・帯広(北海道)、青森、山形、熊本、白馬(長野)、長崎…。彼は全国すべての都道府県を旅行して歩いたそうです。中でもいくつか印象深い旅行を私に語ってくれたのです。