訪日プロモーションについて

旅行訪問地としてのブランドの構築がなされ、たくさんの人たちがイメージができているという状態になっていれば、その訪問地が有力な候補の一つになる可能性があります。

訪問地の方からそこがどんな場所なのか説明をしなくても行き先の候補にあげてくれるようになるかと思います。

いくつかの候補の中から実際の旅行先として選んでもらうことが重要になります。

例えばヨーロッパの人たちがアジアへの旅行を検討するときに、いくつかの候補の中で同じ位の時間のフライトで行くならば、どちらがより魅力的なのかということを意識して訪日プロモーションを行わなければなりません。

例えば四季がはっきりとしている日本ならば、桜を見に行くために3月~4月くらいに日本に行こうという、実際の訪日に対する背中を押すように役割が必要です。

政府が実施している訪日プロモーションだけでなく、観光関連の事業者や、団体、自治体がそれぞれ様々な手法で展開しているそうです。

プロモーションの手法としては三つのパターンに分けられ
日本側が送客市場に機関や企業、主に現地の旅行会社や航空会社などへの働きかけが一つ、
日本側が送客市場の人々に直接働きかける方法、
そして、日本国民それぞれがSNSなどを活用して世界中の人々に日本の魅力を発信、拡散させたり、実際に旅行に来ている訪日外国人観光客が日本の魅力を発信する事も含まれます。
口コミサイトなどの情報もこの中に入るかと思われます。

インターネット技術の発達によって、情報の流通の速度が飛躍的に早まりました。しかしながら、旅行訪問地の方が好まない情報がコントロールできない状態で世界中に拡散されてしまうリスクも生じてしまっています。