インバウンドの失敗原因

近年では、日本国内の各地を訪れる外国人の数が、大幅に増えてきていると言われています。
増加の要因としては、東京オリンピック&パラリンピックが2020年に開催されることが決定したことや、2000年代などに訪日ビザの段階を踏んでの緩和などの政策や各種プロモーションが行われたことなどがあげられるのではないか、との見方をする方もいらっしゃるようです。
そして、訪日外国人旅行客が増えていることにともない、彼らをターゲットとしたインバウンドビジネスも非常に注目されています。

インバウンドビジネスの業種は、多岐にわたります。
例えば、外国から日本への移動・日本国内での移動に関わる交通機関、訪日外国人観光客の日本国内の訪問地での買い物や飲食などに関わる飲食店や各種商業施設、訪日外国人観光客が宿泊する旅館やホテルなどの宿泊施設、訪日外国人観光客が買う商品を生産するメーカーなどの製造業者などがあげられるでしょう。


テレビや雑誌などのメディアでは、日本各地を訪れ観光を楽しむ外国人観光客らの姿や、それに合わせてインバウンドビジネスで集客したり収益をUPさせたりといった自治体や各種企業などの成功事例も紹介されるというような特集が組まれることも珍しくありません。
そのため「自分もインバウンドビジネスにチャレンジしてみたい」、「インバウンドビジネスをはじめるなら今がチャンスなのではないか」のように考える方も少なくないことでしょう。
ですがインバウンドビジネスに関しても他のビジネスと同様、華やかな成功事例の陰には、それ以上に多数の失敗事例が潜んでいるといっても過言ではありません。

ここからは、過去のインバウンドビジネスの失敗事例でよく見られた失敗の原因についてお話していきたいと思います。

 

インバウンドにはウェブサイト・SNSを活用しよう

日本を旅行する外国人観光客をターゲットにしたビジネスである『インバウンド』においても、他のビジネスと同じようにマーケティングが大事になってきます。
特にインバウンドビジネスの場合は、遠く海を越えた外国に住んでいる方々を相手にしていることから、ターゲットとなる層が住む国へ行って直接リサーチやプロモーションなどを行ったり、ターゲットとなる層が好んで情報を集めるガイドブックや雑誌やテレビなどのメディアへ広告を打ち出したりなどの戦略も可能ですが、そこまでできるぐらい資金が潤沢にあるという企業はなかなか無いのではないかと思います。

最初からそこまでしなくとも、インバウンドビジネスにおいて比較的安価な初期費用でマーケティングを行えるツールというのはちゃんと存在しています。
それは、インターネットです。
近年では世界中にほぼインターネットが普及しており、世界のあらゆる場所で気軽に各国の情報を収集したり、メールやSNSなどを介して情報をやり取りしたりなどをすることが可能となっています。
そのため、ターゲットとなる国や地域の方々の好みやニーズなどをリサーチしたり、彼らへ向けて自分の企業や・販売している商品やサービスのプロモーションをしたり、購入後のアフターケアをしたり、リピーター対策をしたりなど、インバウンドビジネスの様々な場面でインターネットを有効に活用できるのです。

今回は、インバウンドビジネスにインターネットを活かすにはどうすればよいかという方法に着目していきたいと思います。

🌐紹介サイト:インバウンドの集客ならグローバルデイリー